トップ ユーザー登録 ログイン ヘルプ

質問・要望用掲示板 RSSフィード
 

ツリー全部最新の50件前後を読む

4nagatakatsukinagatakatsuki   3  Re:フール

管理人です!

こちらの設定で大丈夫です(*^▽^*)

ただし、他国に赴いた際にその国の世界観を壊す要素は持ち込まないこと!

例えば町を破壊する力や、他人の魂を吸いとる力、感染性の力やキャラクターを拘束・操作する力など。

逆に言えば、自国での際限はほぼありません!

ついでに、他所の国のルールは強制的に発動しますので、例えば「妖怪は弱体化する手錠をはめなければ町で出歩くことを許されない」というルールがあると、自国の妖怪は必ずその手錠をはめて、かつその国の規定通りまで弱体化してもらう感じです。

それと、他国のテクノロジーを自国に取り入れることは「発展」ということで許可しています。

携帯という概念の国と交流したあと、自分の国でも携帯を開発し、流行らせることも可能です。

「故意に影響を与えることはできない」

「任意で影響を受けることは可能」

この二点だけお気をつけください!


あと、ここからは皆様へ個人的補足。


この設定は公式の元ネタに沿ってつくられたものです。

複雑な能力もあるため、いくつかの用語だけ説明します。

パラレルファクターとは、本編では「魂の共有能力」を指す用語です。

あの世界では他人の魂を力に変えて自分の魂と接合することで、所有者が「世界の法則をねじまげる程の力」を使うことができます。

能力に使われた方の魂は、意思が弱ければ「道具」として扱われる能力「コンストラクト」に代わり、逆に所有者の精神力を上回った魂ならば所有者を乗っ取る「フォーセス」になります。

そして、お互いがお互いを認め合い、魂の波長が合うとバランスのスゴくいい「バリアブル」となります。

参考までに公式の方のキャラクターである「エラリア・ミラージュベル」という「超人(人工的に強化された人間を指す言葉)」は、バリアブルの能力者で「パラレルファクター・ノスフェラトゥ」というものを使います。

触ったものを腐蝕させ、自分をゾンビに変えて不死になる、という力で、リンクもとの魂はサターニアの原点の妖怪マリア・ローザ」。

公式ではサターニアは呪詛(妖怪の使う魂の力)が強すぎて見た目が悪魔のようになっている美男美女妖怪で、悪魔じみた力を使用可能であり、その力の影響をリンク先のエラリアが受けて不死身になっている、ということです。


それと、「リムドメイン」という力は本編の過去の話である作品のタイトルとなっていますが、本編では「サバト」という仮想ではない世界(PFの世界は作られた仮想空間)における「不老不死を達成させた賢者」の使う「不老不死の力」です。

PFの力と明確にちがうところは「リンク元の数」です。

リムドメインのレベルになるためには、その力を信仰してくれる信者が自分の魂を賢者に渡す必要があります。

つまり、「数千人から数万人」の力があるPFの力だと思ってください。



これでもかなりざっくりですが、フールさんの世界観を楽しむ上で本編の能力説明は必須かと思いましたので書きました。

かなりややこしく思えるかもしれませんが、ご参考いただけたら幸いです。

返信2017/02/18 10:41:53
  • 4Re:フール nagatakatsukinagatakatsuki 2017/02/18 10:41:53
    管理人です! こちらの設定で大丈夫です(*^▽^*) ただし、他国に赴いた際にその国の世界観を壊す要素は持ち込まないこと! 例えば町を破壊する力や、他人の魂を吸いとる力、感染性の力やキャラクター ...